Mika's Diary

日々雑感です
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
TOKIO LIVE TOUR 1718 [DVD]
TOKIO LIVE TOUR 1718 [DVD] (JUGEMレビュー »)
TOKIO
2012ツアーのDVD。ファン待望の一枚です!
RECOMMEND
リリック(通常盤)
リリック(通常盤) (JUGEMレビュー »)
TOKIO
泣くな、はらちゃん主題歌
RECOMMEND
ハイウェイ 70
ハイウェイ 70 (JUGEMレビュー »)
MFQ
60年代にデビューし、フィル・スペクターのプロデュースでヒットを残した4人組MFQ。本作は95年発表の低価格再発盤。イーグルスやJT、山下達郎やニール・ヤング楽曲を極上のコーラスで聴かせる。
PR
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
田母神家の一族
新宿紀伊国屋サザンシアターで観てきました。
四朗さんはまるでタワーリング・インフェルノのオハラハン署長のようにストーリーが半分くらい過ぎてからの登場で、スティーヴと同じように圧倒的な存在感!
舞台が引き締まります。
本人はゆる〜い感じの役なんですけどね(笑)
東京ボードヴィルショー観ると(四朗さん客演の時しか行かないけど)いつも思うのは、B作の演技は私に合わんって事。
力が入り過ぎてつまらなくなるんだよね〜。
喜劇には合わないんだよね…。
せっかくの三谷作品なのに勿体無い。
もうちょっと緩めてもいいのにな。
なので、全体の感想としては、思ったほどには面白くなかった。
もちろん程々には笑えるんだけど。

帰りに山口さんが、ロビーでご自身でチラシ配ってて笑った。

SPAMALOT観て来た
やばい。ほとんど笑えなかった。
多分にユースケ・サンタマリアのせい。
何故なら、ヤツが出ていない場面は笑えたから。
なんとも笑いの間が悪すぎる。

パイソンファンならニヤリとする要素が満載なのに、ヤツが全てぶち壊している。
一階席は大爆笑していたけど、二階はとても静かだった(^_^;)
冒頭はパイソンファンなら笑っちゃう始まりだったけど、ユースケやばすぎ。
せっかくのエリック作なのに、なんでこんなヤツに配役したんだよう(ToT)
これなら英語で字幕つけた方が絶対面白かったと思う。

ユースケはバラエティーでアドリブなら笑えるけど、演技はさせてはダメだ。
三谷幸喜の脚本で私を全体の80%寝かせた経験を持つ男だから心配してたら、やっぱり。
寝るまでは行かなかったけど、ものすごくしらけさせてくれた。

アーサー王をもっと巧い「俳優」にやらせていたら、世界各国と同様に大爆笑されて、もっと話題になってたかも。
吾郎ちゃん@PARCO 劇場
ゴロちゃんの「ぼっちゃま」を観て来た。
いきなりオープニングがAfter You've Goneから始まりだったから、Jerryに呼ばれてる気がしました(笑)
ゴロちゃんにものすごく合ってるキャラクターで面白かった〜。
彼はこういうスカした嫌な人物が素晴らしく合ってるよね。
最後まで笑えて、脳が若返った気がします。
がーまるちょば@コピスみよし

隣町に来ると聞き、行ってきました。
観客を巻き込んで笑わせるパフォーマンスは、すごい。
大爆笑でした。

変に台詞がない分、観客も想像力を要求されるし、笑うことで脳が活性化されていいですね。

稲垣吾郎 「象」
・・・。

うーん。高尚過ぎて、私のボンクラな頭にはちーっとも理解出来なかったわ。
で?何が言いたいの?何を伝えたかったの?

ゴロちゃんはちょっぴりコメディちっくな方が絶対合うよ。
いい加減にしてみました 3
久々のコントライブ「いい加減にしてみました」の第3弾。
2を観に行ったのが、もう8年も前らしい・・・。

伊東四朗一座も楽しいのだけど、やっぱり軽演劇よりもコントライブの方が好みだなぁ。

楽屋on舞台も面白い。

今回「歌ってしまう人々」はちょっとキレが悪かった気がする。
でも、やっぱり外せないよねぇ。
個人的に、過去にやった中では葬儀屋さんが歌ってしまうのが一番面白かったかな。

うなたまぁ〜!をまさかやるとは思わなかったので、楽屋であのガウンを見た時には思わずにんまりしてしまった。
で、実際うなたまってどんな食べ物?
伊東四朗一座熱海五郎一座合同公演2回目
伊東四朗一座熱海五郎一座合同公演2回目です。
今回は1列前でちょっと左にずれた席。
脇の舞台が近くなっているので、四朗さんが登場すると、ものすごく近く感じる!

四朗さんて脛毛薄いのか、ないのか・・・。つるつるの足でした。

今回はWOWOWの撮影が入っていましたよ。
何だか私が行く回がWOWOW撮影率高いイヒヒ
学おじさん@本多劇場
本多劇場で公演中の「学おじさん」を観て来ました。
今回はなんと2列目!
目の前で四朗さんを堪能して来ました。

今回はもちろん笑えるんだけど、ちょっぴりほろりとさせる場面もあったりして。
全体的にやっぱり喜劇なんですけどね。
それより、8人しかいない登場人物(一人は名前だけ登場)のうち、2人がうちの家族と同じ名前で、なんか嬉しかった。
「すみこ」さん(うちの母)と「美香」さん(私だ)。

残念ながら、スミコは四朗さんから呼ばれていたけど、ミカは一度も呼ばれなかった。
私のことじゃないけど、一度でいいから呼んで欲しかったなぁ〜。

今日は撮影してました。
WOWOWで放送だそうです。
11月の放送には予定が入ってなかったから、12月かな。


伊東四朗一座3回目!
今回の一座は今日が最後の観劇。
さらにちょこちょこセリフや小芝居が増えて面白くなってました。
一座の皆さんはとっても「間」の取り方が巧い。
3回目だと言うのに、大爆笑でした。
四朗さんは三宅さんとはとっても相性がいいですなぁ。
他の誰と組むよりも、面白いです。

さてさて、下の本は四朗さんの本です。
実はすでに発売してすぐに買ってあったのですが、今日行ったらなんとサイン入りで売ってたので、ついまた買ってしまいました。
前2回の時は売ってなかったので、本当に今日行って良かったです。
うっかり宝物ですラブ


伊東四朗一座
中日、二回目行ってきました。

大分すっきりしてきた感があります。
ちょこっとした台詞も増えてて、場面の繋ぎが良くなっています。

今日の四朗さんの挑戦は、途中一度つっかえちゃいました。
残念!

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.